落合山林の季節の話題をお送りします

ヘッダーイメージ

カテゴリー

月別アーカイブ

ハナウド

  • 2020年05月23日

今年は3月上旬の出初めの時期に胡麻和えとして食しました。
香りの強い山菜です。
あれから2か月半、背丈は1m30㎝ほどに生長し、真っ白な可憐な花を多数咲かせています。

大きな葉の裏には甲虫やバッタ類の小さな昆虫が数種類いて隠れ家となっています。
セリ科を好むキアゲハ幼虫の食草として知られており、産卵や幼虫が見られるかもしれません。

そろそろ草刈りをせねばと思っていますが、昆虫の住処や食べ物であること知るとためらってしまいます。

【2020.5.23 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

ムカデとヤスデ

  • 2020年05月22日
落合山林事務所の倉庫内にて巨大なトビズムカデに遭遇しました。
いやに大きいなと思ってよく見てみると、お尻の方でヤスデをおぶっています。



ムカデは肉食、ヤスデは枯れ葉などを食べる植植生、ヤスデは隠れているつもりかもしれません。
それにしてもどちらも多足類で、2匹合わせると足の数は計90本以上。

ちなみに我が家では既にこの春6匹のムカデが出現しており、日々格闘しています。

【2020.5.21 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

モリアオガエルの卵塊

  • 2020年05月21日
県北では田植えが始まりカエルのシーズンとなりました。
モリアオガエルは通常、水面上の木の枝に泡状の卵を産卵しますが、
適地がない場合には田んぼの畔も産卵場所となります。



この卵塊は産んで1~2日のもの。
卵が乾かないための泡ですが、表面が乾いても内部には水分が保たれます。
2週間ほどで孵化しオタマジャクシとなり、その後成長したカエルは再び森へ帰っていきます。

【2020.5.19 真庭市西河内】 記事詳細へ

ページの先頭へ