落合山林の季節の話題をお送りします

ヘッダーイメージ

カテゴリー

月別アーカイブ

雲海

  • 2021年12月06日
よく冷えた朝、真庭市の木山街道から見ることができた雲海がきれいです。

これだけ分厚い霧に覆われると、下界に日が差すのも遅くなります。
標高は約500メートル。
濃霧の日にはヘッドライトをつけて安全運転しましょう。

【2021.12.6 真庭市日野上】 記事詳細へ

ページの先頭へ

森のエビフライ

  • 2021年09月28日
二ホンリスのフィールドサインである“森のエビフライ”を大量に確認しました。

二ホンリスは岡山県版レッドデータブック2020で絶滅危惧Ⅰ類に指定されている希少種です。
広島県では絶滅(最近生息が確認されました)、山口県でも近年の記録が全くないと言われています。

森のエビフライは、二ホンリスが松ぼっくりの鱗片の中にある種を食べるため、
鱗片を食いちぎった後に残る芯の部分で、アカマツの木の下にいるとポロポロと落ちてくることがあります。

写真はアカマツの根元、たたみ一畳ほどのスペースに落ちていたもので、ざっと70個。
相当美味しい松ぼっくりを付けた木を見つけたのだと想像します。

【2021.9.27 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

凍った滝

  • 2021年01月15日

社有林内の通称「蛇滝(じゃだき)」と呼ばれる小さな滝です。
この2日間は気温も上がり寒さが緩みましたが、まだ一部でつららや凍った状態が見られます。
先週の寒波時にはいったいどんな造形だったのでしょうか。

小型のサンショウウオ類はこの時期に水中で産卵するそうです。
水中の方が温度変化がないためだそうですが、確か両生類は変温動物のはず。
水の中も冷たいだろうに、よく活動できるなと感心します。

寒波再来に備えましょう。

【2021.1.15 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

初氷

  • 2020年12月02日
今朝はよく冷え霜も降りたのですが、うっすら氷が張っているのを確認しました。


表面がわずかに固まっている程度の薄氷ですが、この辺りは氷点下になっていたのでしょう。
これから益々寒くなりますが、昨年は雪がほとんど降らない冬だったので、
今年はしっかり降って雪解け水で山を潤して欲しいです。

【2020.12.2 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ

ダム霧

  • 2020年10月26日
10/25(日)の朝は落合山林事務所で+5℃と今秋一番の冷え込みでした。
山の高い所ではさらに2~3度低いでしょう。すっかり晩秋です。

事務所上の西河内ダムは周囲を霧に包まれ、湯気が立ったような景色でした。
外気温よりも水温が高い状態であることが分かります。

川の場合は「川霧」、海の場合は「海霧」と呼ぶそうなので
ダムの場合は「ダム霧」でしょうか。
体調に気を付けたい時期です。

【2020.10.25 落合山林】 記事詳細へ

ページの先頭へ