落合山林の季節の話題をお送りします

ヘッダーイメージ

カテゴリー

月別アーカイブ

岡山甘栗

  • 2012年03月15日

自社林に岡山甘栗の苗木を45本植えました。 記事詳細へ

ページの先頭へ

岡山甘栗

  • 2012年03月15日
岡山甘栗は岡山県の森林研究所(旧林業試験場)によって開発された品種で、
昭和56年に中国から実を入手し、植栽、育成を重ねて有望な個体を選抜して
きたエリート栗です。

岡山1号から岡山3号までの3品種あり、それぞれ大きさや収量が異なりますが、
どれも甘みが強くて渋皮の剥離性も良く、焼き栗や加工品に向いています。
また、虫による被害が極めて少ないため無農薬による栽培が可能です。 記事詳細へ

ページの先頭へ

岡山甘栗

  • 2012年03月15日

当社では1号と3号を半数ずつ購入し植栽しました。
一定量の収穫には5年かかりますが、経過を見守りながら保育していきます。 記事詳細へ

ページの先頭へ

白髭山の天然ヒノキ

  • 2011年11月29日

林業経営者協会の研修で高知県の白髭山(しらがやま)国有林の天然ヒノキを見てきました。

海底から隆起してきた蛇紋岩(じゃもんがん)と呼ばれる地質は、いわば岩で盛り上がった
山のため隙間が多く、所々に風穴があったり雨が降っても地下に浸透し100ヘクタールの
範囲に川が1本もないという植物にとっては厳しい地理条件です。

そんな蛇紋岩地帯で樹齢650から700年間生きられるのがヒノキです。
土が少ないため枯れた木に落ちた種の一部が発芽し、枯木を伝って岩の間に根を張ります。
そのため土台の木が腐ると「根下がり」と呼ばれる形状となり、特異な樹形が形成されます。 記事詳細へ

ページの先頭へ

白髭山の天然ヒノキ

  • 2011年11月29日
こうして成長した木もやがて枯れ、次の世代の苗床となるのです。
人工林とは根の張り違うため、台風の通り道にも関わらず倒れません。

ヒノキの立木としての強さ、根の大切さ、枯木の重要性など日本のヒノキ更新
が凝縮された山に感銘を受けました。 記事詳細へ

ページの先頭へ