落合山林の季節の話題をお送りします

ヘッダーイメージ

カテゴリー

月別アーカイブ

絶望の林業

  • 2020年02月18日

ドキッとさせられるタイトルです。
著者は森林ジャーナリストの田中淳夫氏。
3部構成で、第1章:絶望の林業、第2章:失望の林業、第3章:希望の林業となっています。

国民の税金である補助金が無駄につぎ込まれていること、山主にお金が還元されてない実態、
科学的データに基づかない謳い文句や施策、山を傷つける伐採や道づくり、
ビジョンを持たない場当たり的な政策など、どれも思い当たる節があり読んでいて耳が痛くなります。

特に印象的だった言葉は「林業はプロダクトアウトであるべき」という部分。
最近は講習等でもマーケットインを目指すべきとよく聞きますが、
長い目で信念を持って取り組んだ成果を売り込む姿勢が必要とのこと。
そして環境や多様性の部分を無視してはいけないこと。

ぜひ林業に携わる人々に読んでほしいと思った一冊です。


【2020.2.18】 記事詳細へ

ページの先頭へ

第1回 落合の森訪問inまにわ

  • 2019年08月28日
8/26(月)、東京から中学生7名と先生方が環境教育にいらっしゃいました。

フィールドでLEAF※1プログラムを実践し、目隠しをして木の匂いを嗅いだり(↑写真)
中の見えない袋に入った木の葉を探し当てたり、目をつむって聞こえた森の音を
絵に表したり(↓写真)しました。


五感が研ぎ澄まされた後、森の風景を写真撮影し、自分のベストショットに
タイトルをつけて発表してもらいました。

斬新な構図やおしゃれなタイトルに驚かされました。「生命力」、「緑光」、、、



少しでも森の良さ、役割が伝われば幸いですし、
またこれからも継続していけたらと願います。


【2019.8.26 岡山落合の森にて】

※1 Learning About Forests、森林産業の普及啓発のために開発されたプログラム 記事詳細へ

ページの先頭へ

2019.6.11 社内探鳥会の報告

  • 2019年06月20日
現在、インターンシップを受け入れていますが、6/11(火)に社内探鳥会を実施しました。
落合野鳥の会・宮林英子会長を講師に迎え、社有林内で聞こえるさえずりから20種の野鳥の存在を確認しました。

アウトプットとして彼女らにまとめてもらっていますのでご確認ください。



レポートはこちら 記事詳細へ

ページの先頭へ

2019.6.19 コウモリ調査報告

  • 2019年06月20日
インターンシップ生と社有林内でコウモリ調査を行いました。

これまでに確認したことがある『試掘抗跡』、『渓流沿いの植林内』、『橋桁の下』の3か所を探しました。
上記の場所で4種類の確認歴がありますが、今回は試掘抗跡で1種類のみ見られました。
そのコウモリについての生態をまとめてもらいましたので報告します。



貴重な飛行姿を見たり、坑内でのはばたき音も聞くことができて学生らも興奮していましたが、
アリエルは閉所恐怖症とのことでした。

レポートはこちら 記事詳細へ

ページの先頭へ

樹液

  • 2018年08月02日
夏の森で昆虫を引き寄せる“樹液”について。

私もカブトムシ捕りに行きますが、むやみに山を駆けまわっても捕れません。
明るいうちに樹液の出るクヌギを探しておき、夜になったらそこへ向かうのが最も効率的。

樹液が出ている木は、独特の発酵臭があり数十メートル離れていてもにおってくるので案外見つけやすいのです。
虫たちも匂いに引き寄せられ、待ち伏せしていても飛んできます。

昼間はオオムラサキ(蝶)やスズメバチが群がります。


次第に暗くなってくるとカブトムシやクワガタ、蛾などが寄ってきます。

樹液の源流でしょうか、白い泡のようなものが吹いています。
ここが一番おいしいのか、特等席をめぐって争いが繰り広げられます。

光合成で作られた糖分が通っている管をボクトウガという蛾の幼虫が傷つけて、
寄ってくる小さな虫を食べるそうです。
人為的に傷つけてもこの樹液はでないので、やらないこと。

マナーを守って虫捕りに行きましょう。


【2018.7.29 真庭市西河内】 記事詳細へ

ページの先頭へ